1971年、山形県米沢市に双子として生まれる。
小さい頃から絵を描くのが好きで、よく漫画を描いていた。
高校生の時、美術教師の父の部屋 にあったパステルの本を見たのをきっかけに、独学でパステルを使い出す。
さらに、ポーランドの絵本作家『ユゼフ・ヴィルコン』を知り、目からうろこ& カルチャーショックを受け、勝手に師とあおぎパステルの技術を学ぶ。

仙台にある東北生活文化大学・生活美術学科を卒業後、東京に上京。デザイン会社に入社。
その後「ちひろ美術館・東京」にアルバイトとして勤務。たくさんの絵本作家の原画にふれ、刺激的な日々を送る。

2000年10月、初めての絵本『ねんにいちどのおきゃくさま』を(株)文渓堂より出版。その後『はるをさがしに』『なつのやくそく』『あきにであったおともだち』(文渓堂)、『つばめたちのきせつ ビジューとフルール』(教育画劇)『どんぐりのき』『ネルとマリのたからもの』『さいこうのスパイス』(PHP研究所)『ちいさなみっつのクリスマス』(フォレストブックス)を出版。
童話の挿絵では『村の小さな糸やさん』(日本標準=刊)『あしたもきっとチョウ日より』(文渓堂=刊)、その他「こどもちゃれんじ」「家の光」などの雑誌の童話や、カタログ・パンフレットの表紙、ポスター、アドベントカレンダーなどをてがける。

2014年からは、小さい頃の夢がかない(?)『百万人の福音』(いのちのことば社=刊)に漫画『喫茶ホーリー』の連載を開始。

読んだ人の心の奥底に、いつまでもしまっておいてもらえるような絵本、誰かをなつかしく思い出すようにふと思い出してもらるような絵本を描いていきたいと思っている。

愛猫に癒されながら日々暮らしている。

 


2012年7月14日「山形新聞アートフロンティア」掲載

このホームページの作品・画像・文章・動画などについての著作権の侵害となる使用を禁止いたします。